2021.JULY 29

Megumi Kanzaki
心地よく美しい、
調和のとれた理想の肌と共存する

インタビュー

M

美容家として、母として、さまざまな顔を持つ神崎恵さん。この日のメイクに使った新作ベースメイクアイテム「ソーラーグロウ ヘルシーグロウ クッションファンデーション」と「ソーラーグロウ トランスルーセント ルースセッティングパウダー」の感想を交えながら、彼女自身が今現在思う理想の肌づくりや、メイクと心の繋がりについて、お話を伺いました。

求めるのは自分の肌と溶け合うベースメイク

普段からあらゆるコスメを使い、研究し続けている美容のスペシャリストの神崎さん。クッションファンデーションに求める条件を聞くと、「バランス」という言葉が返ってきた。「クッションファンデは、ナチュラルさだけでもカバー力だけでも成り立ちません。アラはカバーしながらも、肌にのせると軽やかで、見た目には素肌感が残る。この3つのバランスが大事なんです」。
今回のメイクで使った新作のソーラーグロウ ヘルシーグロウ クッションファンデーションも好バランス。「みずみずしくて軽いつけ心地でいながらも、きちんとカバー力も兼ね備えている。発光するような透明感ある肌に仕上がるところも魅力的です」と話してくれた。
彼女の考える“理想の肌づくり”は年齢を重ねていくにつれ、変化しているという。「私が10〜20代の頃のベースメイクの流行といえば、マットなファンデーションを全顔に塗って覆い隠すこと。今は、顔を完全に作り変えるのではなく、足りないところを補ってくれるような、年齢を重ねてきた肌ありきで美しく見せてくれるベースメイクが理想です」。

日々感じる、メイクと心の密接な関係性

ベースメイクの仕上がりは彼女の“マインド”に影響をもたらしているという。「メイクもお洋服と同じ。ジャケットを羽織ると1日しゃんとした気持ちで過ごせますよね。それはメイクにも言えること。整った端正な肌で過ごせば背筋が伸びるし、素肌感のあるメイクをすれば、やわらかい気持ちになれるんです。特に、薄づきなクッションファンデやパウダーを使うと、その日1日が軽快な気分になります」。
ここで使用したソーラーグロウ トランスルーセント ルースセッティングパウダーはというと、「きめ細やかで粉っぽさがなく、お肌にふんわりとベールをまとったような仕上がり。肌のやわらかさを消すことなく、透明感も与えてくれるので、自然とやさしい気持ちになれます。個人的には肌になじみやすい色付き(2: Sand)がお気に入りです」。

美容に男女の垣根なんて存在しない。自分らしく楽しめばいい

ヌーディー系とレッド系の2色のリップを使って印象チェンジを図った本日のメイクアップ。マットリップの魅力について問うと、「ハードルが高いと思われがちですが、実は鮮明な色ほどマットタイプが向いていることに気づいたんです。色気をほどよく削いでくれるから、いい具合にファッション性もぐんと上がる。逆に、ツヤと鮮明な色が組み合わさると両者が主張しすぎて少し古い印象になってしまう気がします」と納得のご意見。
型にはまることなく、性別を超えて愛されるアイテムを提案するドルチェ&ガッバーナ ビューティ。最後にジェンダーレスにメイクを楽しむこの時代についての話題が上ると、「男性がメイクすることって単純に『普通であり自然』なことだと思っています。美容の楽しさを女の子だけで独り占めするのはもったいない! 気持ちが豊かになったり、パワーをもらえたりするので、みんなで共有できたらいいですよね」と、固定概念にとらわれず自由にメイクを楽しむ神崎さんだからこその思いが明かされた。


  • ソーラーグロウ ヘルシーグロウ クッションファンデーション<レフィル>
    
SPF50・PA+++
    全4色

    5,500円(税込)


    まるでつけていないかのように軽やかで美しい肌に仕上がるクッションファンデーション。保湿成分に加えSPF50 PA+++で、肌への水分補給や保護にも配慮。健康的でつややかな4色展開。
    詰め替えに便利なレフィルにて発売。


  • ソーラーグロウ ヘルシーグロウ クッションケーストゥコンプリート<ケース>
    
2,750円(税込)


  • ソーラーグロウ トランスルーセント ルースセッティングパウダー
    
全2色
    
5,940円(税込)

    空気のように重さを感じさせないルースパウダー。きめ細やかな超微粒子パウダーが、目には見えない極薄ヴェールを作る。
    色展開は、地中海の光を彷彿させる、1:Crystal、2:Sandの2色。


  • フェリンアイズ インテンスアイシャドウ クアッド
    全8色
    8,580円(税込)

    昼も夜も、どんなシーンでも印象的な目もとをつくるアイシャドウ パレット。発色がよいマットと、繊細なラメが輝くシャイニーの組み合わせで、重ね塗りも自由自在。塗ったままのカラーが長時間持続する。
    撮影では、4 Italian baroqueを使用。


  • ザ・コールペンシル
    全6色
    ¥3,300(税込)

    スルスルとなめらかな描き心地が特徴のペンシルアイライナー。
    ポイント使いはもちろん、アイシャドウのようにまぶた全体にのせることも可能。
    撮影では、4 CHOCOLATEを使用。


  • ブラッシュオブローズ ルミナスチークカラー

    全12色

    6,930円(税込)

    ベルベットのようになめらかなテクスチャーのパウダーチーク。
    付属のブラシを使ってふんわりとほおにのせるだけで、ヘルシーでフレッシュな血色感がかなう。パッケージは、どこにでも持ち歩きたくなるようなローズ柄のデザイン。
    撮影では、410 DELIGHTを使用。


  • ドルチェ&ガッバーナ ザ・オンリーワン マットラスティング リップスティック
    
全7色
    
4,840円(税込)
    ※9月22日発売予定

    マットラスティングタイプのリップスティック。のび広がり、色鮮やかなマットカラーが長時間続く。
    マットな質感なのに程よくうるおい、リップケア効果も。
    撮影では、670(前半の2つの写真)、130(後半の2つの写真)を使用。

Megumi Kanzaki

美容家。1975年神奈川県生まれ。現在は『MAQUIA』『美的』『VoCE』といった美容雑誌を中心にイベント出演などで活躍。『読むだけで思わず二度見される美人になれる』(中経出版)をはじめとする多くの著書も持つ。自らが実際に体感していいと思ったアイテムのみを提案する、というスタイルをとっているため、幅広い世代から厚い信頼を集める。

    CREDIT

  • model by Megumi Kanzaki
  • hair and make up by Ai Inuki
  • photography by Anna Miyoshi at TRON management
  • styling by Yasuko Ishizeki
  • text by Asako Tanaka at Roaster

  • blouse ¥25,300 by styling/   styling/ shinjuku lumine1(03-6302-0213)
  • ear cuff(up) ¥9,460, (down) ¥6,600 by in mood  14 SHOWROOM(03-5772-1304)
  • ring ¥71,500 by anapnoe   anapnoe SHIBUYA HIKARIE ShinQs(03-6434-1772)
  • bracelet ¥6,600 by Hh   14 SHOWROOM 03-5772-1304)