2021.SEP 22

Nobuyuki Suzuki Vol.1
役者11年目のあくなき挑戦

インタビュー

N

数々の映画やドラマで幅広い役柄を演じ、今最も勢いのある俳優の1人である鈴木伸之さん。鍛え抜かれた圧倒的なフィジカルとともに、センシュアルな魅力を宿す彼が体現してくれたのは、ライトブルー オードトワレの世界観。爽やかな香りをまといながら、役者として進化を続ける現在の仕事観や、作品への向き合い方を語ってくれた。

今の気分に寄り添う、フレッシュで爽やかな香り

香水は普段から1つの香りに縛られず、いろいろな種類を試して使い分けているという鈴木さん。「その日の気分に合わせて選んでいます。好きな香りはいっぱいあるんですが、最近は甘いものより、さっぱりとした爽やかな香りが好きですね」。
自身の美容は基本的なスキンケアが中心。私服も白を基調としたシンプルなスタイルが多いという。美容もファッションも作り込み過ぎず、自然体な雰囲気が彼の魅力。ライトブルーの爽快な香りは、そんなシンプルで潔い彼のイメージともリンクする。香りだけでなく、今や美容はメンズ界でも身近なトピックになりつつある。「メンズビューティに関しては詳しくないんですが、キレイな自分になっていく楽しさはあるんだろうなと思いますね。ビューティに限ったことではなく、そういう“新しいものにチャレンジしてみたい”気持ちは自分の中にもある気がします」

改めて実感する、 “違う自分”になれる面白さ

役者デビューから11年。幅広い役柄を演じながら、着実にキャリアを重ねてきた。「自分では10年以上経った感覚もないんです。毎回いただく役もまったく違うので、新たな挑戦がずっと続いている感じで。そこがこの仕事の面白さなんだと思います」。
10月にスタートするドラマでは、ヤンキーとエリート整形外科医という、真逆ともいえる2つの役を抱えている。「現場に入って、その役の衣装を着て、スタッフさんや監督と話していると自然に気持ちが切り替わるんです」。なかでも『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』は少女マンガが原作。原作ファンのいる役柄にプレッシャーを感じることはないのだろうか。「あまり気負うことはないですね。逆に、原作があることで“答え合わせ”ができるので、そういった意味では掴みやすいかもしれないです」。そんな彼が今後、トライしたいと語るのが『海猿』のような作品。「壮大なスケールと、人命に直接関わるような作品の世界に圧倒されて。いつかはそんな作品にも出てみたいです」。挑戦し続ける彼のさらなる飛躍に期待したい。


  • ドルチェ&ガッバーナ ライトブルー オードトワレ

    灼熱の太陽が降り注ぐ地中海のきらめきを連想させる、フレッシュなフルーティーフローラルの香り。ターコイズブルーの海を舞台に、魅惑的なオーラを放つ女性の官能性が表現されている。爽やかなシシリーシダーやグリーンアップルの香りから、まろやかで女性的なジャスミン、ホワイトローズを経て、アンバーやムスクの魅惑的な香りへとつながる。


  • 25mL 7,700円(税込)


  • 50mL 10,780円(税込)


  • 100mL 14,410円(税込)


  • トラベルスプレー
    10mL 3,630円(税込)

Nobuyuki Suzuki

俳優。1992年神奈川県生まれ。劇団EXILEのメンバーとして、2010年公演の舞台『ろくでなしBLUES』で役者デビュー。以後、映画やドラマなどを中心に、数多くの話題作に出演。2021年10月には、ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(日本テレビ系・毎週水曜22時〜)と、『ラジエーションハウスⅡ〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系・毎週月曜21時〜)が放映開始。さらに、単独初主演を務める連続ドラマ『お茶にごす。』(テレビ東京系・毎週木曜深夜0時30分〜)も10月から地上波での放映が決定!多数の作品を通し、役者として振り幅の広さが際立っている。

    CREDIT

  • starring by Nobuyuki Suzuki
  • photography by Takanori Okuwaki at UM
  • video by Yusuke Tabuki
  • styling by Yuta Kotani at UM
  • hair and make up by Ryoki Shimonagata
  • text by Urara Kurihara
  • edit by Lula

  • top by STYLIST’S OWN