2022.SEP 14

Shinjiro Atae vol.1
みずみずしさの魔法で、
素肌力をアップグレード

インタビュー

S

AAA(トリプル・エー)のメンバーとして活躍し、2020年からはソロへと転身した與真司郎(あたえ・しんじろう)さん。現在はLAと日本を拠点に活動し、心身ともに磨きをかけてきた。健康や美容にも関心の高い與さんに、ベースメイクやスキンケア、美容に対する考えなどを聞いた。

地肌の色に溶け込むように馴染む、
クッションファンデ

近くで見る彼の肌は、まるで陶器のよう。表面には凹凸がなく、絹のように滑らかで、思わず見惚れてしまう。肌に塗っているのは、ソーラーグロウ ヘルシーグロウ クッションファンデーションの220(Sand)。「僕は地肌のトーンが暗めなので、一番濃い色味でも浮いてしまうのでは……と思っていたのですが、つけて数分すると、肌の色にスッと馴染んで驚きました」。今回のメイクでは、ファンデーションを全体に薄めに伸ばしたあと、骨格に沿ってシェーデングを施し、自然な陰影をつけている。撮影時しかファンデーションを塗らないという與さんに、ベースメイクの感想を聞いてみた。「クッションファンデーションなので、水分が多めで、それでいて軽いつけ心地。肌に負担が少なく、むしろ保湿効果も期待できそう。ファンデーションの厚塗りが苦手という方や、肌をきれいに見せたいメンズにもおすすめだと思います。UVもSPF50・ PA+++としっかりあるので、塗るだけで紫外線対策にもなるなんて、一石二鳥ですよね」。

肌悩みを経験したからこそ、
素肌力の大切さに気づく

一見、授かりもののようにも思える美しい肌。AAAのメンバーとして忙しく活動していた頃は、肌の悩みが尽きなかったと言う。「18歳くらいのとき、ツアー、舞台、ドラマが全部重なったことがあって。睡眠も十分に取れないし、食べるものはお弁当だけ、という生活をしていたら、肌が荒れに荒れてしまったんです。そのときにすごく嫌な思いをしたので、食生活やスキンケアを見直すようになりました。今は比較的落ち着いていて、たまに小さなニキビができるくらい。でも、周りの人に言っても、『え? どれ?見えないよ』って(笑)。僕はすごく気になったりするんですけどね」。スキンケア方法について聞くと、「肌はとにかく保湿が第一。以前は8ステップやっていたのですが、今は5ステップに短縮。まずは洗顔で汚れをしっかり落として、ブースター、化粧水、美容液、乳液、クリームの順でケア。この10年、朝晩怠ったことはありません。ただ、これが正解、というのはないので、ご自身に合うやり方を見つけていったらいいと思います」と、高いプロ意識が感じられた。

ナチュラルなメイクや体型が、
健康的で美しい

スキンケアに人一倍こだわりのある與さん。女性やパートナーに求めるメイクについても聞いてみた。「ナチュラルなメイクが好きです。ファンデーションは、今日の肌のように自然でヘルシーなツヤ肌が好みです。僕は体型も含めて、健康的な人が好き。運動をして、体に気を配っている人が魅力的だと思います」。表面的な美しさよりも、インナービューティーに興味があるそう。「健康や美容は毎日の積み重ね。僕自身、LAでも日本でも、ワークアウトやヨガ、散歩など、何かしらの運動をする時間を設けています。1日中撮影などの日は難しいですが、なるべく体を動かす時間をつくれるようスケジュールを調整しています」。運動だけでなく、食事にも気を遣っていると話す。「コールドプレスジュースを10年以上毎日飲み続けています。自分でつくったり、お店のものを買ったり。それから、肌のために炭水化物は控えめに、タンパク質と野菜を多めに摂っていますね。LAでは、美容=健康という考え方が浸透しているので、内面から綺麗になろうとしている人が多い気がします」。


  • ソーラーグロウ ヘルシーグロウ クッションファンデーション<レフィル>
    SPF50・ PA+++
    全4色
    5,500円(税込)

    肌の色に合わせつつ、自然で明るい色へと導くクッションファンデーション。軽いつけ心地で、素肌にすっと馴染み一体化。スキンケア成分配合で、肌のうるおいもしっかりキープ。シチリアの太陽を感じさせるオリエンタルフローラルの香りも印象的。


  • ソーラーグロウ クッションケーストゥコンプリート<ケース>
    2,750円(税込)

Shinjiro Atae

1988年生まれ、京都府出身。2005年より、男女混合パフォーマンスグループ「AAA(トリプル・エー)」のメンバーとして活躍。2020年末をもって、グループ活動は一時休止。2016年よりLAと日本を拠点に活動。2022年には、メンタルヘルスの観点から書き上げたポジティブブック『すべての生き方は正解で不正解』(講談社)を出版し、話題を呼んでいる。(avex.jp/aaa/)

    STAFF

  • Starring by Shinjiro Atae
  • photography & video by Takeshi Takagi(SIGNO)
  • styling by Sora Murai
  • hair and maku up by Maki Sato
  • text by Miho Oashi

  • CREDIT
  • shirt ¥30,800 by VEIN  Sakas PR(03-6447-2762)
  • pants and necklace by STYLIST’S OWN