2022.SEP 28

Hayate Wada vol.1
エアリーなベースメイクで
表情に生命力が宿る

インタビュー

H

結成10周年を迎え、ますます波に乗る5人組男性アーティストDa-iCE(ダイス)。パフォーマーを務め、圧倒的な存在感を示す和田颯さんに、ドルチェ&ガッバーナ ビューティのベースメイクを体験してもらった。撮影で意識したことやメイクへの考え方、ヘアスタイルのこだわりまで話を聞いた。

肌を生き生きと輝かせる、シャイニーなベースメイク

軽やかなステップで舞い、カメラの前でさまざまな表情を見せる和田颯さん。それまでの親しみやすい雰囲気から一転、プロの表現者としての姿がそこにはあった。「奥二重なので、目を大きく開けるとせっかくのアイメイクが隠れちゃうんです。だから、どうすればメイクがよく見えるか、見せ方を工夫しました。カメラマンさんともコミュニケーションを取りながら、うまく撮影ができたんじゃないかと思います」。
今回のベースメイクでは、まず化粧下地「シークレットシールド プロテクティブ スムージングプライマー」を顔全体に塗り、肌をワントーンアップ。次に「ソーラーグロウ ヘルシーグロウ クッションファンデーション」を薄めに伸ばし、「ソーラーグロウ トランスルーセント ルースセッティングパウダー」をしっかりとはたいて完成。ざっくりニットに似合うラフで自然なメイクは本人もお気に入り。「軽いつけ心地なのに、肌が綺麗に見えてうれしいです。それにファンデーションやパウダーに香りがついていたのも驚きました。いい香りに包まれて、メイク時間もリラックスできました」。

シェーディングで、顔に陰影とメリハリをプラス

「このパッケージ、大好きです!」と興奮気味に教えてくれたのが、マヨルカデザインの「ソーラーグロウ ウルトラライト ブロンジングパウダー」。どのパッケージも上品なのにユニークさもあるところがいいと教えてくれたが、そのなかでも一番気に入ったのがこのアイテムだった。今回のメイクでもシェーディングとして使用し、顔に立体感とメリハリをプラスしている。「撮影によってシェーディングは入れたり入れなかったり。コンディションによって入れてもらってます。なぜか顔から太っちゃうんですよね」と笑ってみせた。
最近は、健康のためにジム通いも再開させたらしい。「パフォーマンス中に怪我をしないように、ジムに通い始めました。3年前まで頻繁に行っていたのですが、忙しくなって辞めちゃって……。ダンスもやってるから十分じゃない? とよく言われますが、ダンスとジムで使う筋肉ってまったく違うんです。ツアーなどもあるので、自己管理が大事。ジム通いを始めてから、姿勢もよくなってきた気がします」。

"日常にオンオフが入るメイクって楽しそう"

アンニュイな世界観をつくるのに、一役買ってくれたのが、フェリンアイズ インテンスアイシャドウ クアッド。ボルドー系のブラウンを目尻の際と下まぶたにのせ、色っぽさを演出。「普段は撮影でも、ベースメイクくらいしかしないので新鮮でした。毎日メイクをする方は、オンオフのスイッチが入れられて楽しそう。勝手なイメージですが、ギャルの方のメイク技術はすごく高そうだなって思います」。メイクこそしないものの、ヘアスタイルにはこだわりがある。今回も細かいメッシュのハイライトが入っていた。「メンバーの中でも、僕が一番ヘアスタイルを変えるほう。同じ髪型だと飽きちゃうんですよね。この間までは黒髪だったし、金髪や白髪もやりました。いつもヘアスタイリストさんにお任せなので、新しい髪型を考えるのも大変かもしれません(笑)。次はどうしようかな。ロングヘアが素早くまとめられてラクなので、前髪をもうちょっと伸ばしたいです」。


  • ソーラーグロウ トランスルーセント ルースセッティングパウダー
    全2色
    5,940円(税込)

    目には見えないヴェールをつくり、肌を美しく滑らかにするパウダーは、メイクを固定するかのように肌に溶け込む。まるで空気のように重さを感じさせない質感で、肌を美しく滑らかにするだけでなく、肌の気になる箇所をカバー。専用のパフは、超微細粒子パウダーを均一に広げる仕様。お得なギフトセット「マヨルカボックスⅡ」が限定発売中。


  • ソーラーグロウ ウルトラライト ブロンジングパウダー
    全2色
    8,580円(税込)

    肌に自然な血色とつやを演出するパウダータイプのブロンザー。ひとはけで、自然で魅惑的な輝くツヤが生まれ、うるおいのある温かみのある肌に整える。自然に肌にとけこむ00:Sunlightと10:Sunshineの2色展開で、テクニック要らずにムラなく肌に広がる。

Hayate Wada

1994年2月3日生まれ、群馬県出身。5人組男性アーティスト Da-iCE(ダイス)のパフォーマー。グループ最年少ながら、一番長いダンス歴を持つ。ダンススキルを活かし、Hayate(Da-iCE)としてイベント出演も行なっている。近年では、俳優として映像作品に出演するなど、活動の幅を広げている。(da-ice.jp)

    STAFF

  • Starring by Hayate Wada
  • photography & video by Takeshi Takagi(SIGNO)
  • styling by Hideo Suzue
  • hair and make up by Mariko Sasaki
  • text by Miho Oashi